« 冬こそ北海道 | トップページ | 野口さんと交信を見学 »

中標津町は明るい

今朝の釧路は、快晴です。
6時の気温は、-8.2℃です。
予報は晴れ時々曇り。予想最高気温は0℃です。

北海道では、昨日が始業式という学校が多かったようです。月曜日の始業式では、土曜日まで長いなと同情しました。子どもの頃は、そういうのをつらいと感じるのは、生徒だけだと思っていましたが、先生だってそうなのだと思います。

昨日は定休でした。午後、うとうとしたら2時間くらい昼寝をしました。それでも、21時になると眠くなったので寝たら、3時に目が覚めました。深夜放送を聴いていたら、また眠ってしまって、起きたのはいつもと同じ5時でした。そんなこんなのと、休み明けなので、ちと気合いを入れることにします。

今回の直木賞二作品のうち、「廃墟に乞う」は、道東の中標津(なかしべつ)町に住む佐々木譲さんが書いたものです。中標津町は、公開中の映画「釣りバカ日誌 20 ファイナル」でも、ロケ地として話題になりましたから、昨年、今年と注目の的です。町内の書店では、直木賞発表と同時に受賞作品の特設コーナーを設けましたが、即刻完売の売れ行きだったそうです。

ネットではどうかな?と思って覗いたら、紀伊國屋では、「入手不可のため注文できません」となっており、amazonも入荷待ちの状況です。文藝春秋社では、急いで増刷しているのでしょう。こういう明るい話題は、いいものです。

|

« 冬こそ北海道 | トップページ | 野口さんと交信を見学 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 冬こそ北海道 | トップページ | 野口さんと交信を見学 »