« 定休日にしたこと | トップページ | 浜ちゃんとゴン中山 »

牛丼屋さんについてと散髪、映画が1000円という話

今朝の釧路は、晴れです。
6時の気温は、-12.3℃です。今季1番の冷え込みです。
予報は晴れのち曇り。予想最高気温はプラスの1℃です。

私は、吉野家が好きです。
2003年6月27日(金) 午前10時 吉野家釧路町桂店がオープンした時、遂に釧路にも吉野家が来た!と感動しました。そして、その後、釧路2号店、3号店とオープンして、何れは、わが家の近くにも・・・と思っていました。でも、未だに釧路町桂店だけです。近所にオープンしたのは、吉野家ではなく、すき家でした。

遠くにあっても、やっぱり吉野家。
を実行したのは、すき家が出来て少しの間だけでした。初めて、すき家にいった時、通うとは思っていませんでした。一度だけ味見のつもりでした。それが、なんとなく二度が三度に重なって、今ではすき家派のようになってしまいました。

そんな牛丼屋さんの話です。
この前、テレビでお笑いタレントが、空(す)いている牛丼屋では、椅子を一つ飛ばしで座るのがルールだと言っていました。二つ飛ばすと、客が増えてきた時、隣り合わせになる確率が大きくなる。そんなことを知らない客は無礼だと力説していました。

そこで、私も一言。
牛丼屋さんでは、席についたと同時に注文するのが礼儀だと思います。牛丼屋さんには、従業員にも客にもリズムがあります。それが、店の雰囲気につながります。ですから、レストランに入って、ワインから前菜とオーダーするような悠長な態度は不適切です。席に着く、お茶(水)が置かれる。「牛丼特盛、お新香、みそ汁」と発するのが、牛丼屋さんのリズムです。

すき家の不思議。
すき家のメニューは不思議です。「とん汁おろし牛皿定食」。汁が先で、サブが次ぎ、メインが最後なのです。これは、厨房の手順どおりに並べているのでしょうか?私は、牛皿定食を食べるのです。それに、大根おろしをつけて、汁ものは、味噌汁ではなく、とん汁にしたいのです。なんか、不思議というか、納得いきません。


ジャスコに1000円理髪店。
私は、1575円理髪店にいっています。そこから少し離れたところに、1000円理髪店があります。その店がオープンした時、1890円理髪店が、1575円に値下げしたのです。そして、今度、ジャスコの中にも1000円理髪店ができました。1575円店は、再び値下げに踏み切るのか?ちと関心があります。

釧路と海老名が、1000円を試行。
と言っても、理髪店ではなく、映画館です。ワーナー・マイカル・シネマズの釧路と海老名(小田急の座間と厚木の間)が、1月9日から3ヶ月間、全作1000円で公開するそうです。これで客が増えたら、他都市でも展開する用意があるとか。なぜ、釧路と海老名なのか?人口20万人未満の街が、調査に適しているのか?はて、どうなのでしょう?まあ、どっちにしても、いいことです。とりあえず、26日から公開の「釣りバカ日誌」最終作を見に行くつもりです。道東 中標津町がロケ地なので、そういう楽しみもあります。

|

« 定休日にしたこと | トップページ | 浜ちゃんとゴン中山 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 定休日にしたこと | トップページ | 浜ちゃんとゴン中山 »