« 東京行=8泊9日 | トップページ | 馴染めないなあ »

主軸の前が大事

昼食を終えました。

今朝の釧路は雨でした。
雷も鳴って、一時は激しく降りました。
8時頃に雨はあがって、若干ではありますが、青空も見えました。
6時の気温は14.2℃と、この頃の最高気温並の高さでした。
正午の気温は15.6℃です。

楽天がソフトバンクに2連勝でした。
野村監督は、「必ず日本一になって、(ファンに)恩返ししたい」と挨拶しました。
その前に、日ハムとのプレーオフ第2ステージがありますが、楽天は確かに手強いです。
岩隈(13勝)、マー君(15勝)、永井(13勝)と投手陣の柱がしっかりしています。
それに、帰ってきた福盛と中継ぎには有銘がいます。
わが方の絶対は、抑えの武田久ですが、勝ちゲームが出番の必須条件です。
先発の2桁勝利は、武田勝(10勝)だけ。
それに、八木(9勝)、藤井(7勝)、スウィーニー(5勝)、多田野(5勝)、糸数(4勝)が先発。
う~む。

でもね、話は古いですが、1970年(昭45)の日本シリーズが、こんな感じでした。
巨人-ロッテだったのですが、ロッテは、小山、成田、木樽の3投手で60勝以上。
それに、打では有藤、アルトマン、ロペスです。
巨人V6危うし。でも、終わってみたら、4勝1敗で巨人でした。
私、上京1年目でしたから、この時のことは覚えています。
巨人は、ロッテの主軸打者の前に神経を注ぎました。
そして、主軸とは勝負を避けたのです。
対楽天でいうと、山崎です。ここは、低めのボール攻めです。振ってくれたらもうけもの。
強打者は、もろさもありますが、短期決戦の本塁打はきつい。

ところで、もし楽天が日本一になったら、それでも野村監督解任は変わらない?
企業としては、契約優先でしょうが、ファンは心情的におさまらない。
そこも面白いところですが、ここは、やはり日ハム日本一を願います。

|

« 東京行=8泊9日 | トップページ | 馴染めないなあ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 東京行=8泊9日 | トップページ | 馴染めないなあ »