« 天とじ丼を食べながら思い出したこと | トップページ | 回らない寿司屋さん »

マイクロとは規格のこと

今朝の釧路は、晴れです。
6時の気温は、12.0℃です。
予報は、晴れのち曇り。予想最高気温は18℃です。

昨日は、1日快晴でした。
最高気温も22.9℃まで上がっています。

Panasonicが、(フラッシュ内蔵)世界最小・最軽量のマイクロ一眼GF1を発表しました。
オリンパス E-P1 の対抗機です。
気になるサイズを比較をしてみました。
Panasonic GF-1 幅×高さ×奥行き・重量 119x71x36.3 mm 285g
オリンパス E-P1 幅×高さ×奥行き・重量 120.5x70x35 mm 335g
う~む。1mmの差ですね。重さは50g違いますが、実際に持った感じも違うかな?

オリンパス E-P1の実機を見た時、思ったより大きいなあ。というのが第一印象でした。
PENを謳っていたので、PEN Fをイメージしていたからです。
その点では、Panasonic GF1も同じようです。
あと同じなのは、女性をターゲットにしていることです。
オリンパスは宮崎あおいさん。Panasonicは、樋口可南子さんの「女流一眼」です。

ネット上の噂では、オリンパスは年内にもE-P1の後継を発売するとか。
一眼と言っていますが、開発ペースはコンパクトデジタル並なのかな?
そうなると、「待ち」の人は、いつまでも買えないということになります。

もうひとつ、ネット上では、空想のレンズ交換式 RICOH GRDが載っています。
もちろん、実在せず、開発もされていないのでしょうが、なかなかリアルな画像です。
これには、これが理想という意見と、28mm固定の潔さこそGRD!という意見があります。
私としては、後者支持ですが、実際に発売されたら、かなり気になると思います。

新しいカメラが発表された時、「買わない理由」が見つかると安堵します。
で、何が一番気になるかというと、コンパクトか否かという点です。
ならば、スペック的な条件が満たされたらどうか?
実際は、「買いたい」と思っても、「買えない」となります。
そういった憧れの部分が、これまた楽しみの要素ということになります。

|

« 天とじ丼を食べながら思い出したこと | トップページ | 回らない寿司屋さん »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 天とじ丼を食べながら思い出したこと | トップページ | 回らない寿司屋さん »