« ニュース、噂 | トップページ | 1日で撤退回避 »

JAL東京-釧路撤退検討

今朝の釧路は、晴れです。
6時の気温は、11.7℃です。
予報は、晴れのち曇り。予想最高気温は、20℃です。

日本航空の再建策に、国際線中心に赤字路線廃止とありました。
そうしたら、昨日の北海道新聞夕刊に、釧路・帯広の撤退も検討との見出し。
ありや~。そこまでいっちゃってるの日航さん。
もし、そうなると、東京-釧路は、ANAだけです。
今は、JAL3往復、ANA2往復なのですが、これからどうなるのでしょう。


同僚から聞いた話です。
でも、決して同僚本人のことではありません。

時は、9月15日(火) 15時頃。
場所は、西帯広の国道38号線

運転中の出来事です。
ん?なんだこの臭い?と思いつつ、ルームミラーを見ると、左後方に白煙を視認。
あれ?俺の車か?と思いながら、アクセルから足を離す。
その途端、後方に流れていた煙が前方を被う。
これは尋常ではないと停車。
車を降りると、瞬く間に煙は車全体を包み込む。
ガソリン引火!の恐怖が襲う。

車を放棄して、すこしでも遠くへと駆け出す。
後方の車も、対向車線の車も、異常を察知してUターン。
歩道にいた人も、建物に避難。
煙の勢いは衰えず、一帯は、爆発炎上に備えた緊張感が走る。
まさに、西部警察そのもの。
どこからともなくテーマ曲が・・・。俺は、巽刑事(舘ひろし)か・・・。

いや、これは現実だ。なんとかせねば。110番か119番か。
と思いを巡らした時、スーッと煙が消える。

あれ?何だったんだ?
おそるおそるエンジンをかけてみると、通常に始動。
試しに、ゆっくり走ってみると、ブレーキが重い感じ。
とりあえず、近くの修理工場に入庫。

原因は、左後ろのブレーキがロックされたまま走行したことによる摩擦熱の白煙。
修理するには、部品交換が必要。

ということで、驚いたけど、大事にならずに済んだという話でした。
この話を聞いてきた同僚は、以前も3月にあった珍事を自分のことのように話しました。
こういうのも、奇特な部類に入るのだと思います。

|

« ニュース、噂 | トップページ | 1日で撤退回避 »

コメント

私の場合は、翌朝の新聞記事が目に浮かびました。
 ・エンジンオイルに着火したのが都合二回。
 ・ブロックの壁が粉々に壊れたこと一回。
 ・ブレーキ調整不良でこの記事と同じ状態がつい先月。
いずれも尋常じゃないほどの白煙で目立つこと。
実際、恐怖の後には羞恥心に襲われます(汗)

#釧路~東京便は残してくれるようメールを送ろうかな。

投稿: thom | 2009年9月17日 (木) 09時19分

thomさん
自作PCならぬ、自作マイカーのthomさんらしい戦歴ですね。
中でも、ブロックの壁破壊は、すごいです。
JALの検討が、検討で終わってくれればいいのですが・・・。

投稿: 心太@釧路 | 2009年9月17日 (木) 12時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ニュース、噂 | トップページ | 1日で撤退回避 »