« 今夜は「ONの時代」 | トップページ | 永年勤続 »

1時間待ちと凧揚げ

20時前に書いています。

今日の釧路は、曇りでしたが、夕方からは雨になりました。
6時の気温は、9.2℃と1桁台でした。最高気温は、16.9℃です。

「ここ、いつもこんなに待たせるのですか?」

「接客態度は、いいのですが、時間はかかるんですよね」。

「わたし、固定資産税払うだけなのに、もう50分も待っているんです。文句言ってやろうかと思ったけど、うるさいババァだと思われるだけだし、カウンターの女の子は一生懸命やっているからねぇ。後ろの男の人達も手伝えばいいのだろうけど、あの人達もそれなりの仕事をやっているんだろうねぇ」。

「H銀行(北海道銀行に非ず)は早いですけど、客を機械的に捌くだけですからねぇ」。

「わたしも、そう思って、ここにきたのだけど、これだけ待たされるとねぇ・・・」。

ということで、ソファーで隣り合わせた中年女性と1時間待ちました。
ホントは、その後、散髪にいく予定でしたが、なんだか待ち疲れで、嫌になってしまい、そのまま帰宅しました。
中年女性が言うとおり、カウンターの女性は、ホントに懸命に処理しているのです。
H銀行は、カウンターで受けた仕事を後ろの席の人達も一体になって取り組みます。
その違いが、処理時間の大きな違いです。
人件費削減が、地元金融機関の生き残る道なのでしょうが、従事者は可愛そう、待たされる客も気の毒という状態です。
これで、私が大口定期預金でも持っていれば、一言申し上げたいのですが、車検の積立だけでは、何も言えませんものねぇ。

15時頃、ぼんやり外を眺めていたら、凧揚げをしている人がいました。
一人は、風にのせた後、さらに上に揚げるコツを心得ています。
糸が張った時を狙って、クイックイッと引くのです。
もう一人は、そのコツを会得できていないようで、なかなか高く揚がりません。

そういえば、自分が子どもの頃は、凧揚げをやったなあ。
子どもが小さい時も、原っぱに連れていって教えたなあ。
と、懐かしく思いながら、季節はずれの凧揚げを見ていました。

|

« 今夜は「ONの時代」 | トップページ | 永年勤続 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 今夜は「ONの時代」 | トップページ | 永年勤続 »