« 決勝戦、水戸黄門、七人の刑事 | トップページ | 地図購入 »

信頼の気象庁

今朝の釧路は、快晴です。
6時の気温は、13.1℃です。
昨日は、晴れ時々曇り。最高気温は22.1℃でした。
今日の予報は、晴れ朝晩曇り。予想最高気温は20℃です。

昨日、帰宅時は、NHKラジオ第一を聴きました。
地震緊急速報の誤報を取り上げていました。
学識者の説明と一般聴取者の意見も紹介されました。

「驚いた」。「困る」。「しっかりしてほしい」。といったもっともな言葉が多かったです。
その中で、北海道の女性は、気象庁を励ます意見を述べていました。
システムを構築するのに誤報を怖れるな。というものでした。

確かに、地震緊急速報は、まだ始まったばかりです。
今回のことで、臆病になって、肝心な時に速報が遅れては意味がありません。
こういう時は、大らかな気持ちで見守るのも必要でしょう。

思えば、官庁の中で、気象庁が一番信頼を得ています。
科学技術中心のお役所ということもありますが、人物的にも誠実な人が多い気がします。
昨日、会見した担当課長もそうでした。
苦情の中に、病人を抱えているので、慌てたという内容があった。と、涙ぐんでいました。
使命感と責任が、そうさせたのだと思いました。
役人の中にも、こういう人もいるのだなあ。と思いました。

|

« 決勝戦、水戸黄門、七人の刑事 | トップページ | 地図購入 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 決勝戦、水戸黄門、七人の刑事 | トップページ | 地図購入 »