« 今季初の夏日 | トップページ | 今朝はパン »

肌寒い感覚に10℃の差あり

今朝の釧路は雨です。
6時の気温は13.8℃です。
予報は曇りのち雨。予想最高気温は19℃です。

朝のラジオで、4時の東京の気温が、25℃を切ったと言っていました。
日中が30℃を超えるので、25℃以下だと肌寒く感じるとも言っていました。
これは、釧路にあてはめると、真冬日が続く中のプラス2℃といったところでしょうか。
プラス2℃は、冷蔵庫の室温よりも低いのですが、真冬は暖かく感じます。
私の場合だと、半袖か長袖かは、概ね15℃が分かれ目です。
職場の同僚の中(技術職)には、冬でもTシャツ(半袖)1枚という強者もいます。

昨夜、HBCテレビ(北海道放送)では、大原麗子さんの追悼番組がありました。
1976年(昭51)、HBCが制作して東芝日曜劇場で放送されたドラマ「ひとり」です。
主演が船越英二、大原麗子。脚本は倉本聰。
定年退職を迎えるが、送別会も開催してもらえない鉄道会社職員に船越英二。
その職場で、女性25歳退職の慣例に異議を唱え、「きつね」と呼ばれるのが大原麗子。
ドラマは、渓流釣りをする船越栄二が、大原麗子との会話を回想しながら進みます。
そこに、自問自答の形で、戦死した兄が登場。というような展開でした。
33年前の作品ですが、倉本聰ドラマでありながら、私は見ていなかったと思います。
ひょっとして、見ていたけど、すっかり記憶にないのかも。近年、その傾向もありです。

盆休用に趣味の本を2冊注文しました。今日1冊、明日1冊届く予定です。
2冊とも解説本ですから、じっくりかかろうと思っています。

|

« 今季初の夏日 | トップページ | 今朝はパン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 今季初の夏日 | トップページ | 今朝はパン »