« フィロソフィーときたか | トップページ | 現役復帰 »

免許更新

16時過ぎに書いています。

今日の釧路は曇りです。
最高気温は12.4℃です。

午前中、免許更新にいってきました。
かっては、3年に1度でしたが、今は5年間隔です。
で、5年前の免許更新時の日記を読んでみました。

=======2004年(H16) 6月29日(火)の日記=======
今朝の釧路は霧雨です。
予想最高気温は15℃です。
オホーツク北見の予想気温は31℃になっています。
やはり道東は広いです。

ドラマ「愛し君へ」を見ました。
予告編の「わたし幸せだった・・・」は夢を見た話しでした。
入院した時のシーンでしたので、どうなるかと思っていました。
最終話は時任三郎さんが決めました。
「Dr.コトー」と同じく渋い役でした。

昨日は定休でした。
免許更新に行ってきました。
5年前よりも簡単でした。
写真の提出が不要になりました。
申請書も氏名を記入するだけです。
更新手続期間も誕生日の前後1カ月と後ろに1カ月伸びました。
こういう簡易化とサービスは大歓迎です。
============================

5年前には、写真提出が不要になって、更新期間も延びています。
今回の変更点は、IC免許証になったことです。
といっても、ICカードというと思い浮かぶ、金ぴかの四角いマークはありません。
形状の見た目も変わりません。
違ったのは、暗証番号2個の設定が必要だったこと。
それに、本籍地の欄が空白になったことです。

この二つには関連があります。
免許証交付後に、本籍地確認という作業がありました。
コンビニのATMよりも小さい機械の指定された位置に免許証を置きます。
そして、暗証番号を二つ入力します。
最後に「本籍地印刷」ボタンを押します。
そうすると、本籍地が印字されたレシートのような紙が出てきます。
個人情報保護のためだそうです。

それから、将来、この暗証番号が必要になる例として、二つ挙げていました。
銀行で新しい通帳を作る時に身分証明として免許証を用いるとき。
郵便局で、不在郵便を受け取る際に身分証明として免許証を用いるとき。
なるほど、そういう時に使うのかと納得しました。

ところで、5年前の日記にあるドラマ「愛し君へ」は、原作が「解夏」です。
さだまさしさんの著書です。解く夏で「げげ」です。
映画では、大沢たかおさん、石田ゆり子さんでした。
テレビドラマ「愛し君へ」は、藤木直人さんと菅野美穂さんです。
それにしても、もう5年前のドラマなのですねぇ。
早いなあ。

|

« フィロソフィーときたか | トップページ | 現役復帰 »

コメント

米軍のキャンプにゲストとして入るときに必要なのが、
「本籍地と写真が記載されている公的証明書」なのです。
なので、IC方式になったら困るのです…
写真入りの戸籍抄本なんて作ってくれないだろうし(笑)
申告すれば記載してくれるのでしょうか?

投稿: thom | 2009年6月 9日 (火) 10時00分

thomさん
そういうこともあるのですね。
どうでしょう、免許証の記載事項を柔軟的にというのは至難かと思います。
米軍にも、本籍地確認の機械を導入してもらったらいいのでしょうが、
そうなると他の個人情報も表示されるのかな?
むつかしいですね。

投稿: 心太@釧路 | 2009年6月 9日 (火) 18時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« フィロソフィーときたか | トップページ | 現役復帰 »