« 初夏の感じ | トップページ | 免許更新 »

フィロソフィーときたか

18時過ぎに書いています。

今日の釧路は朝から雨です。
最高気温は、10.9℃と低めです。
そんな中、家内は日曜の朝恒例の釧路湿原温根内木道歩きに出かけました。
雨の湿原もいいものだそうです。

私の場合、雨の湿原となると、傘かカッパかの前に決めなくてはならないことが・・・。
LUMIX DMC-FT1にするか、それともOptio W60か。
どちらも、防水コンパクトデジタルカメラです。
ということで、雨の湿原は先行投資が必要な存在になっています。

実際は、何回か雨の湿原にいった経験があります。
余程の土砂降り(その経験はなし)でなければ、デジタルカメラも問題ありません。
防水ケース(ディカパック)の代わりにジップロックもいいようです。
シャッターを切る時は袋から出さないといけませんが、それでも効果は大のようです。
手軽(形状、価格ともに)なところでは、レインブラケットもあります。

さて、来週の15日には、オリンパスがデジタルカメラの新製品を発表します。
あのオリンパスペンの哲学を身につけたマイクロフォーサーズ機です。
RICOH GRD、SIGMA DP1、EPSON R-D1あたりの部類に属するのかな?
フィルムカメラでいうと、CONTAXがG1を出した時のような感じでしょうか。
オリンパス ペンのファンとしては気になるところです。
でも、きっと高級路線でしょう。
そして、中古でも人気を保つでしょうから、高嶺の花だと思います。
そういう存在というのは、いくつかあってもいいものです。

|

« 初夏の感じ | トップページ | 免許更新 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 初夏の感じ | トップページ | 免許更新 »