1307 温根内木道行

2013年7月1日(月) 天気:曇り 最高気温 16.6℃

今季というか、今年初です。曇天でしたので、空いているかと思ったのですが、駐車場には、そこそこの台数の車がありました。内地のナンバー、レンタカーも数台ありました。

Imgp1997

↓ まずは、ヤナギトラノオです。虎の尾に似ているからトラノオだそうです。今回、一番多く咲いていました。この後に出てくるタヌキモが咲く水中にまで伸していました。トラノオには悪いですが、ちと艶消しの感もありました。

Imgp2017860

↓ カキツバタも多く目にしました。

Imgp2034_2

↓ ワタスゲ。使い古した耳かきのよう。

Imgp2087

↓ こちらはサギスゲ。

Imgp2022

↓ トキソウ。この花を目当てに訪れる人もいるとか。

Imgp2182

↓ タヌキモ。小さい花ですので、何を撮っているのかと聞かれることもあります。

Imgp2235

↓ イソツツジ。この花も多く咲いていました。

Imgp2206

↓ 視界が開けない場所は、音もなく静かでした。

Imgp2100

↓ みんな、よけて通ります。

Imgp2129

↓ 視界が開ける場所まできました。

Imgp2101

↓ 見過ごすとこだったエゾノレンリソウ。

Imgp2266

↓ クサフジは軌道跡に咲いていました。

Imgp2122

花を撮るなら、曇りのほうが光が回っていいと言いますが、やはり、青空の下を歩くほうが気持ちいいです。次は、そう願いたいです。ただし、20℃を超えないくらいで。


コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。