1007温根内木道行

夏の釧路湿原温根内木道行にいってきました。

新しいカメラ(SD15)とレンズ(APO 120-400mm F4.5-5.6 DG OS HSM)を持っていきました。SIGMAのSD15は、RAWで撮って、専用のSIGMA PhotoProという現像ソフトを用いることになっているようです。SILKYPIXは未対応(2010.7.5現在)とのことです。

レンズは手振れ補正(OS)なので、三脚は持たずにいきました。でも、望遠ズーム(35mm換算:204mm-680mm)は、手振れ補正OFFで、しっかり三脚使用が必須だと勉強してきました(反省)。ですから、ピントがきていない写真が多々あります。

それと、SD15は露出がオーバー気味に写ります。これは、ソフトで補正できますが、モニタで見ると、あれ?マイナス補正がいるなあ。となりました。さらに、SIGMAのウリは、フォビオンという撮像素子だと力説していますが、これ、初めて使うと、木々の葉、草などの緑色が、独特なので、ちと戸惑います。

なので、今回の現像は、ばらばらです。といっても、次回から定まるわけでもありません。いつもながら、こんなものかな?です。

言い訳は、このくらいにします。

↓ スタートは、14時を過ぎていました。
Sdim0033pe


↓ 枯れた花なのかな?そんな感じのものが散らばる木道。
Sdim0040pe


↓ ヤナギトラノオ(柳さんの虎男ちゃん)
Sdim0041pe


↓ クロバナロウゲ(漢字だと黒花狼牙だそうです。狼の牙ですよ。恐ろしい。)
Sdim0051pe


↓ エゾノレンリソウではないでしょうか?(指導:家内)
Sdim0058pe


↓ コタヌキモ(小狸の肝←ウソ。水中植物だそうです。)
Sdim0075pe


↓ワタスゲ(シーズンは過ぎたようです)
Sdim0080pe


↓ リーゼントワタスゲ(ほかのは、のび放題のぼうぼう頭なのに、これだけビシッと固めていました。)
Sdim0093pe


↓ これもエゾノレンリソウ?これから茄子がなるような・・・。
Sdim0102pe


↓ 鶴居村から材木を運んだ軌道跡です。
Sdim0109pe


↓ 時折、日が射しました。
Sdim0110pe


↓ 一反木綿(いったんもめん)が飛んでいました。「ゲゲゲの女房」では居間の襖(ふすま)にいます。
Sdim0119pe


↓ミヤママタタビ(ペンキ系←ウソ)
Sdim0120pe

2010年7月5日(月)


コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。