そんな先のことは語れない

.

 今日の釧路  1月20日(土)
 日の出  6:48
 記載時間  10:40
 天気 (記載時間)  晴れ
 朝の気温 (5:00)  -7.5℃
 朝の気圧 (5:00)  1017.9hPa
 予 報  晴れのち曇り
 予想最高気温  2℃

今朝の釧路は晴れです。10時の気温は-4.3℃です。

今朝、日々の巡回 ( RSSリーダーに登録したブログの閲読 =ネットサーフィン )をしていたら、ソニービルの解体が終盤を迎えているとの書き込みがありました。

高校の修学旅行で、夜の銀座を通った時、バスから見えた三愛ビルに皆んな興奮したという話は何度も書きました。金曜20時からのプロレス中継の時、このビルが映った ( スポンサーが三菱電機で、ビルには三菱のマークがあった ) からです。

この時 ( 1968年 昭43 ) 、既にソニービルはあったのですが、その存在を知らずにいました。初めて、ソニービルに入ったのは、1970年(昭45)に上京 ( 正確には神奈川県秦野市 ) して、バイトを始めた秋でした。その時の記憶に残っているのは、地下のソニープラザでした。輸入雑貨があって、都会の洒落た感いっぱいでした。特に文具が面白かったです。でも、今のようなステーショナリーブームなんてない時代でしたから、バイト仲間から 「何に使うの?」と問われて、そうか使うことがないなと思ったことも覚えています。

東急ハンズがオープンしたのは、釧路にUターンした後でしたから、洒落たもの=ソニープラザという印象をずっと持っていました。伊東屋は、実用の文具と高級品に大きな差があって ( だから高級なのですが )、後者は眺めるだけでしたが、ソニープラザは、アメリカや欧州の生活感がある物が並んでいて、そういう意味でも楽しかったです。

銀座には鳩居堂もあって、地価が発表される時、日本で一番坪単価が高いところとして、毎年のようにテレビに登場していました。一回だけ入ったことがありましたが、すぐミーハーに不適とわかりました。

1979年(昭54)に初めてカメラを買ってから、上京する度に銀座にいきましたが、目的は中古カメラ店巡りでした。そのうちの一軒、「レモン社」があるビルは、自分がバイトで床清掃に週1で通っていたところなので、懐かしかったのですが、カメラやレンズは買わず ( 買えず ) に1階の煎餅屋さんで土産を買うというパターンでした。

直近の上京は7年前の秋でした。飛行機がダメなので、JRで釧路-札幌-函館(泊)-新青森-東京で往復しました。疲れますし、旅費もかかります。なので、次にいくとしたら、北海道新幹線が札幌まで延伸された時だと思いますが、それは2030年 ( これでも当初計画から5年前倒しになっている ) です。今、そんな先のことは、とても語れません。

| | コメント (0)

結果オーライ

.

 今日の釧路  1月19日(金)
 日の出  6:49
 記載時間  16:10
 天気 (記載時間)  曇り
 朝の気温 (5:00)  -3.3℃
 朝の気圧 (5:00)  1012.2hPa
 予 報  -
 予想最高気温  -

今日の釧路は、8時頃から昼過ぎまで日が射していましたが、その後は曇りです。16時までの最低気温は-3.9℃、最高気温はプラスの2.4℃でした。

今日は、散髪にいく前に銀行に寄りました。クレジットカードの退会手続きです。そこそこ時間がかかるだろうと思っていましたが、案の定、しっかり待たされました。でも、元同僚に会って、あれこれ話をしたので、楽しい時間でもありました。

職場を退職したのを機に、年金振込は自宅から徒歩圏内の金融機関にしたので、クレジットカードや公共料金の引き落としも一緒に移行しました。そのついでに、使わないクレジットカードも退会したのですが、今日手続きしたカードは、クレジットカードとキャッシュカードが一体になったもので、個人カードだけど、扱いは法人デスクとかで、手続きが面倒だったので、そのうち、そのうちが今日になったというしだいです。なんたって、筋金入りのからっぽやみなので。

銀行を出たら、13時を回っていたのですが、散髪は幸いに空いていました。なので、14時には帰宅できました。13時頃は、理髪店は空いているということもわかりましたから、今日はすべて結果オーライでした。

| | コメント (0)

氷点下65℃というのは想像もできない

.

 今日の釧路  1月18日(木)
 日の出  6:49
 記載時間  7:40
 天気 (記載時間)  曇り
 朝の気温 (5:00)  -4.2℃
 朝の気圧 (5:00)  1017.2hPa
 予 報  曇り時々晴れ
 予想最高気温  2℃

今朝の釧路は曇りですが、青空も見えてきました。7時の気温は-3.9℃です。

今季は、今のところ暖冬のようです。雪も少なくて助かっています。と、思っていたら、ロシアでは大寒波で氷点下65℃に至ったとのニュースがありました。シベリアとのことだったので、人が住んでいない雪原での観測かと思ったら、サハ共和国という所の居住区でのことでした。

私は、氷点下30℃は体験したことがあります。フィルムカメラの時代、冬季の早朝に釧路湿原にいった時、寒暖計が-30℃を下回っていました。メリヤス風の肌着 ( ホントのメリヤスは高価なので ) 上下にボアのズボン、上は厚手のセーターにダウンジャケット。目出し帽を二重に被って、足元には発泡スチロールの魚箱の蓋を敷いていました。それでも、キーンといった冷気に身動き出来ない状態でした。

Imgp00511280

↑ この画像は、その時と同じ場所から撮ったものです。新釧路川を上った岩保木(いわぼっき)水門の脇です。テレビや雑誌などで紹介される釧路湿原の蛇行した川が見渡せる細岡大観望から、近いところです。Exif情報を見たら、2007年2月3日になっていました。この時も寒かったと思いますが、上述の時よりは凌げました。

こんな寒い時にも出かけていたのですから、今から思えば大したものだと思います。カメラを車に入れる時は、バスタオルで何重にも被わないと結露してダメになってしまうとか、カメラは外部電源 ( 身につけた電池から供給 ) にしないと、露出計が動かないなど、いろいろと寒気対策をしていました。

で、氷点下65℃というのは、想像できない域なのですが、それが計測できる機器があるということは、普段から氷点下40℃とかになっているのだと思います。40年くらい前、職場に出入りしていた札幌の業者さんは、十勝陸別もテリトリーで、冬の寒さの話をいていましたが、旅館に泊まると、そこのオーナーが、朝になると、ソリに載せたバッテリー充電器で、客の車のエンジンをかけていたと言っていました。連日の氷点下20℃台だと、そういうことになるようです。

それからすると、氷点下65℃というのは、ホントにどうなっているのでしょう?水道は、いくら元栓を止めても凍るでしょうから、蛇口を開けたまま一定の水を流し続けるしかないと思います。冷蔵庫は、凍結を防ぐ役目という、「北の国から」そのまんまだと思います。いや、すごいもんです。

| | コメント (0)

リコーがペンタックスを買収したけど、カメラはリコーがペンタックスになっちゃうようだ

.

 今日の釧路  1月17日(水)
 日の出  6:50
 記載時間  6:50
 天気 (記載時間)  曇り
 朝の気温 (5:00)  -2.6℃
 朝の気圧 (5:00)  1015.8hPa
 予 報  晴れ朝晩は曇り
 予想最高気温  2℃

今朝の釧路は曇りです。6時の気温は-2.6℃です。

この頃、一眼レフカメラを持ち出すことが減りました。重いからです。でも、一応、ペンタックス K-7 という7~8年前に発売になったのを持っています。そのペンタックスは、今はリコーが買収して、 リコーイメージング株式会社の「PENTAX」ブランドという位置づけ (正確な表現ではないかもしれません ) になっています。

私は、上述のように一眼レフはペンタックス、コンパクトはリコー( CX2、GX200 ) を使っていますので、喜ばしいことだと思っていました。でも、ここにきて、田中長徳氏のブログやデジタルカメラ情報先取りの「デジカメinfo」には、今後、リコーはカメラのブランド「RICOH」をやめて「PENTAX」に統一するらしいということが書いてありました。

そして、昨日、リコーイメージングのFACEBOOKにアカウントをペンタックス(PENTAX by RICOH IMAGING)に改めるとの書き込みがありました。どうやら、「らしい」から、「決定」になったようです。リコーにしてみると、カメラ部門は主力ではないのでしょうが、リコーファンとしては寂しいです。

大相撲は、宇良が故障が癒えず全休なので、遠藤と安美錦、朝乃山、北海道出身の十両筆頭の旭大星と幕下筆頭の矢後を応援しています。それから、貴景勝が無事に相撲を取れるように・・・といったところです。といっても、今場所はな~んか応援の力が入らず、ニュースで結果をチェックするくらいです。早く宇良の活躍が見たいです。

NHK総合「プロフェッショナル 仕事の流儀」は、卓球の石川佳純さんでした。高速卓球への対応というか、プレースタイルを変える決断とその挑戦を追った内容でした。その原因となったのは、公式ボールが、セルロイド製からプラスチック製に変わったことで、回転数も変わったからだと伝えていました。それにしても、セルロイドは、キューピー人形とともに消えたものだと思っていました。つい最近まで、卓球のボールがそれだったとは驚きました。

今、冬季オリンピックが近づく中、スピードスケート女子のメダルラッシュが現実のものとして期待大です。それと同じように、2020東京オリンピックに向けて、卓球は男女ともに有望です。彼の国の強豪選手が、立ちはだかっていますが、そこに近づき、追い越す、それも現実のものになりつつあります。これからが楽しみです。

| | コメント (2)

この際、思い切って エイッ!ヤッ!と・・・

.

 今日の釧路  1月16日(火)
 日の出  6:50
 記載時間  11:30
 天気 (記載時間)  曇り
 朝の気温 (5:00)  -0.4℃
 朝の気圧 (5:00)  1010.5hPa
 予 報  晴れ時々曇り
 予想最高気温  3℃

今朝の釧路は、晴れたり曇ったりですが、11時までは雲が優勢です。11時の気温はプラスの2℃です。

昨日は、所属する会の研修がありました。会には部門が二つあって、昨日の研修は、私は部外者だったのですが、枯れ木も山の賑わいとして出席しました。なので、気軽に聴講したせいか、内容も面白かったです。

研修後に打ち合わせがあったのですが、こっちは部外者ではなく、直接の担当だったので、準備して臨みました。結果は、思いのほか同席者(4名)が活発に発言してくれたので、すっきりとまとまって、短時間で終了しました。よかった、よかった。でした。

NHKの登坂淳一アナがフリーになったとの記事がありました。7~8年前に、一旦、北海道に帰ってきた森田美由紀さんが、再び東京に異動になった代わりに札幌放送局にやってきたのが登坂さんでした。プロ野球でいうと、エースまたは4番バッターのトレードといったところでした。

そして、3.11の時には、東京に出張して震災報道に加わり、「さすが」の評価を得ました。その後、3年前くらいに大阪放送局に異動したのですが、先週、NHKを退局とのことです。

イメージとしては、最もNHKらしいアナウンサーというものですが、札幌放送局時代のニュース以外の番組では、ひょうきんな一面もありましたから、ホントの意味でフリーになったこれからは、フルに持ち味発揮となるのだと思います。

センター試験と大雪が重なったことで、いろいろと障害があったことが報じられましたが、北海道では、列車事故で立ち往生した受験生4人をパトカーが送ったという出来事がありました。これは、現場の判断ではなく、事前に本部から、受験生に配慮した対応をとの指示があったとのこと。

それを受けて、パトカーがサイレンを鳴らさず、赤色灯も回さずに受験生を送り届けて、試験開始に間に合ったというものでした。やるじゃん道警。ということだったのですが、その後、道警に電話が40件あって、7割は称賛、残りは批判という内容だったそうです。このことは全国ニュースになりましたから、道警への電話といっても、道民だけとは限りません。まあ、いろいろな考えの人がいるということでしょう。

それにしても、日本も秋季入学にする話、あれはどうなったのでしょう?毎年、毎年、毎年、受験シーズンになると、雪害、インフルエンザ流行が話題になりますが、そろそろホントになんとかしたほうが良いと思います。エイッ!ヤッ!と出来ないものでしょうか。

| | コメント (0)

そんないいもの食ってなかったぞ

.

 今日の釧路  1月15日(月)
 日の出  6:51
 記載時間  8:30
 天気 (記載時間)  曇り
 朝の気温 (5:00)  -10.2℃
 朝の気圧 (5:00)  1022.4hPa
 予 報  曇り一時晴れ
 予想最高気温  3℃

今朝の釧路は曇りです。8時の気温は-9.7℃です。

ラジオで聴いた「今日は何の日」。60年前(1958年 昭33)の今日、学校給食に初めて牛乳が登場したそうです。でも、この昭和33年というのは、私が小学校に入学した年ですが、小学6年間で牛乳が出された記憶はありません。ず~っと脱脂粉乳でした。給食の牛乳が全国津々浦々に普及したのに、それなりの年数を要しています。

このことを検索したら、「学校給食」というサイトがありました。その中に時代別の給食が画像で紹介されていました。それを見ると、「ミルク給食の全面実施が推し進められました」が、昭和38年になっています。なので、釧路まで給食の牛乳がやってきたのは、私が小学校を卒業(昭39)した以降だったのです。

それから、給食の画像では、昭和32年と昭和39年の給食がありますが、こんなにいいおかずだったかな?という印象です。記憶では、すり身団子の汁物とか、肉だ!と思っても、ほとんどが鯨だったと思います。給食の話題になると、よく登場する「揚げパン」なるものも、私は食べたことがありませんでした。一番の楽しみは、なんてったってラーメン(ソフト麺)でした。これは、世代を問わず、高い支持率のように思います。

かって、1月15日は成人の日で、この日はラグビー日本選手権決勝でした。なので、新日鉄釜石の7連覇(1985年 昭60)、神戸製鋼の7連覇(1995年 H7)の記念日でもあります。それにしても、神鋼V7から、もう23年経っているのですねぇ。その神鋼と競った東芝府中の薫田が、日本選手権の解説をしているのですから、やっぱり時の流れを感じます。

| | コメント (0)

新聞とラジオのことから

.

 今日の釧路  1月14日(日)
 日の出  6:51
 記載時間  11:10
 天気 (記載時間)  快晴
 朝の気温 (5:00)  -7.5℃
 朝の気圧 (5:00)  1024.4hPa
 予 報  晴れ
 予想最高気温  -1℃

今朝も釧路は快晴です。11時の気温は-3.8℃です。

昨日のラグビー日本選手権決勝 サントリー VS パナソニックは、応援したパナソニックの優勝は叶いませんでした。8-12の惜敗でしたが、見応えがある試合でした。特にホーンが鳴った後のワンプレイは、サントリーのペナルティ後のパナソニックがタッチキックから、ゴールまで5m地点でのラインアウトの攻撃でした。トライで逆転即優勝という場面です。

思わず、37年前(1981年 昭56)の社会人大会決勝の神鋼-三洋電機で、ノーサイド寸前に神鋼ウィリアムスが、50m独走で同点、そして、ゴールキックが決まって神鋼が逆転、即ノーサードのシーンが浮かんできました。

でも、パナソニックはラインアウトからモールに持ち込んだところで痛恨の落球。その時点で、モールの外にいたサントリーの選手が歓喜の万歳でノーサイドでした。残念・・・・だけど、いい試合でした。

今日の北海道新聞に年末・年始の「ほっかいどう週間視聴率(ビデオリサーチ調べ)」が載っていました。紅白歌合戦は41.6%でした。関東、関西よりも上回っているのかな?紅白は、往年の勢いは失せたものの大したものです。NHK連続テレビ小説「わろてんか」は、とうとう15.6%とキープしていた17%台を下回りました。オッ!と思ったのは、レコード大賞が17.0%だったことです。未だ注目されているようです。

それから、新聞には、センター試験初日の問題と正解も載っていました。40代くらいまでは、一応、目を透していたのですが、その後はスルーしています。無駄な抵抗はしません。だけど、それにしても、文字の小ささは極めつけです。ハズキルーペでもダメで、これは4×ルーペの世界です。

毎週聴いているTBSラジオ「安住紳一郎の日曜天国」。先週のメッセージコーナーは、「2018年 私の目標」でした。この中で、「今年はエレベータ・エスカレータを使わない」を目標にしたが、会社の新年会が西新宿の住友ビル49階のレストランで開催されることになった。という投稿があり、リスナーから、階段で頑張れとか、挫折した時、フロアーに出られない階もあるので気をつけたほうがいい等々のアドバイスがありました。

それで、1週間後の今日は、その報告メッセージがありました。結局、会場を変更したという拍子抜けの結果だったのですが、これを受けて、安住さんが、誰か宴会の幹事になって、代わって挑戦してみてと締めました。

これ、住友ビルが完成して間際 ( 1974年 昭49)、オールナイトニッポンでビルの階段を昇るという企画を立ち上げたら、やんわりとビルのほうからご遠慮願いたいの申し出があって、始まってすぐに中止ということがありました。

当時、深夜放送を聴く人には、あの頃の言葉で表すと連帯がありました。なので、即行動となったと思うのですが、今はそれがSNSになっています。それからすると、ホントに住友ビルの階段を昇る人はいないと思いますが、中にはヨシッ!という人もいるかな?

| | コメント (0)

♪ 見ろよ青い空 白い雲 そのうちなんとかな~るだろう

.

 今日の釧路  1月13日(土)
 日の出  6:52
 記載時間  11:40
 天気 (記載時間)  快晴
 朝の気温 (5:00)  -12.4℃
 朝の気圧 (5:00)  1020.2hPa
 予 報  晴れ
 予想最高気温  -1℃

今朝の釧路は、よ~く晴れています。11時の気温は-3.8℃です。

今朝の最低気温は-13.4℃(7:05)で、今季最低気温を更新しました。道内で一番気温が低かったのは、占冠(しむかっぷ=北海道地図だと富良野の下)の-24.8℃でした。10傑すべて氷点下20℃台ですが、10位だけは北海道ではなく、長野県菅平の-22.6℃です。

その菅平(すがだいら)といえば、秋になると、必ずテレビに峡谷の紅葉が登場します。写真コンテストなんかでも定番になっています。夏にはラグビーの合宿が組まれることでも知られています。そして今日は、ラグビー日本選手権の決勝 サントリー VS パナソニックが行われます。パナソニックは、かって、神鋼と競った三洋電機です。会社がパナソニックに吸収されたので、チーム名もそうなりました。今日は、ぜひ優勝してほしいです。

北海道新聞に江別市の人口(昨年12月末)が、小樽市を抜いて北海道の7位になったとの記事がありました。それを見ると、釧路市は4位で17万2391人、5位の苫小牧市が17万2373人と18人差までになりました。苫小牧に抜かれると言われて久しいのですが、いよいよ今月末にそうなりそうです。

苫小牧市は、札幌と新千歳空港に近いので、JR北海道の単独維持困難( 維持には国、北海道、地域自治体の経済的負担が必要 )路線には含まれていません。高速道路も整備されています。

一方の我らが釧路市は、JR北海道の「北海道高速鉄道開発株式会社関連線区」になっています。これは、当面はJR北海道が維持していくが、将来に亘って持続するには、北海道高速鉄道開発(株)と協議が必要という位置づけです。

で、北海道高速鉄道開発(株)って何?となりますが、出資をJR北海道が50%、残りの45%を北海道、5%を沿線自治体が担って、その資金運用などにより、路線維持を図るという、今時珍しい三セク組織です。

要は、「廃線なんて思ってもいませんよ」という線区側ではなく、「今すぐ廃線しちゃうよ」の次の「廃線に向けて、そろそろ相談しようよ」に極めて近い線区ということです。

高速道路のほうは、釧路市にもICがあります。釧路市阿寒町にあります。これは市町合併で釧路市になった場所です。元々の釧路市のICは、釧路西IC、釧路東ICがあるのですが、阿寒ICにつながっておらず、工事期間も未定のままです。

そういえば、今週のBS1で「世界のドキュメンタリー カラーでよみがえるアメリカ」というタイトルで、1日ずつ1920年代から1960年代を放送しました。その中で、1952年(昭27)には、片側4路線の高速道路が開通した映像がありました。日本は、東京五輪開催の前年(1963年 昭38)に初めての高速道路が開通しましたが、これは敗戦国日本が世界を驚かせたことの一つになっています。

でも、それから50年以上経っても釧路市には、まだ高速道路が延びてきていません。と、釧路もうダメみたいなことを書きましたが、どっこい、もうダメを続けて何十年です。結構しぶといのです。

二百海里条約でもうダメ、太平洋炭鉱閉山でもうダメ、紙・パルプ不況でもうダメ、中心街がシャッター通りになってもうダメ、夕張(財政再建団体)の次は釧路だと言われてもうダメ・・・、それでも、なんとかかんとかやっています。まあ、人口が苫小牧や帯広に抜かれても、身の丈にあったことをやっていけば、なんとかなるのではないでしょうか。

| | コメント (0)

分数計算や約分だってアプリがあれば怖くない

.

 今日の釧路  1月12日(金)
 日の出  6:52
 記載時間  16:20
 天気 (記載時間)  -
 朝の気温 (5:00)  -9.9℃
 朝の気圧 (5:00)  1011.5hPa
 予 報  -
 予想最高気温  -

今日の釧路は、雪のち晴れでした。16時の気温は-3.8℃です。

5時頃、雪がちらちらという感じでした。7時頃、カーテンを開けたら、本気降りになっていて、すぐ舗装路が白くなりました。その後は、止んだり降ったりでしたが、13時過ぎから青空が広がりました。積もった雪は3cm程度です。

今日の午前中は、所属する会の出番でした。家内も和裁教室の日だったので、帰りを待ち合わせました。そして、ブロートバッハさん(パン屋さん)で、昼のジャムパン、あんパン、とバナナ豆乳を買いました。やっぱり、パンといえばジャムパンです。ものごころついてから60年、ず~っとジャムパンです。

一昨日のNHK総合「クローズアップ現代+」は、国民栄誉賞が決まった将棋の永世七冠羽生善治さんと囲碁で二度目の全七冠独占の井山裕太さんでした。お二人は、かなり密なスケジュールで転戦の日々を送っているようです。

それで、以前、羽生さんは井山さんに、朝起きた時、ここはどこだ?と思うようになったら、年齢による衰えの始まりだと言ったことがあると明かしていました。長時間、神経を研ぎ澄ました戦いを繰り返していると、歳とともに、集中力、持久力ともに続かなくなるのは当然のことだと思いますが、そのバロメーターが、意外にも普通のことなのだと知って、ちょっと驚きました。

囲碁は五目並べ、将棋ははさみ将棋、トランプはババ抜きとページワン (ずっと『ページバン』だと思っていた)、チェスもチェッカーも知らず、オセロゲームも数回のみ・・・麻雀はできない。まあ、熱中したことといったら、野球盤くらいです。要は頭を使うことは苦手ということです。おそらく、上述のことに興じた人は、算数も得意だと思います。私は、まったくダメです。なので、スマホには、分数計算と約分のアプリをインストールしています。電話、メールの次に出番が多いです。助かってます。

| | コメント (2)

58年して意味がわかった

.

 今日の釧路  1月11日(木)
 日の出  6:52
 記載時間  17:00
 天気 (記載時間)  -
 朝の気温 (5:00)  -3.1℃
 朝の気圧 (5:00)  1006.0hPa
 予 報  -
 予想最高気温  -

今日の釧路は、概ね晴れでした。17時までの最低気温は-6.2℃、最高気温はプラスの0.6℃でした。

昨日は、所属する会の仕事始めでした。10日というのは、「明けまして・・・」を言ったらいいのか否か微妙なので、こちらから発声の時は、「今年もよろしくお願いいたします」にして、相手から「明けまして・・・」と挨拶された時は、それに会わせました。中には、喪中の方もいらっしゃるでしょうから、「今年も・・・」がいいとは思うのですが、特にこだわりはありません。

テレビやラジオで耳にした曲が、何日か後にひょいと口ずさむ、ということは頻繁にあります。今朝は、先日、ラジオで久々に聴いた「月の法善寺橫町」でした。『♪ 包丁一本 さらしに巻いて・・』です。藤島桓夫(ふじしま たけお)さんの鼻にかかった高音ながら、張りのある歌声を覚えています。Wikipedia情報では、1960年(昭35)のヒット曲でした。

『♪ 包丁一本 さらしに巻いて』と小学3年生の私も口ずさんでいたのですが、当然ながら、意味がわかっていたはずがありません。だけど、「♪ 待ってて こいさん』なんて歌っていたのです。サマースクールが何かを知らずに参加して、せっかくの夏休みに写生に出かけたのもこの頃でしたから、ホント、な~にも分かっていなかったのです。

で、先日、この歌を聴いて、ようやく意味がわかりました。修行中の板前が、親方の娘さんと恋仲になり、親方にすまない、許されざる恋だ、と思っていたら、親方が許してくれた。あとは、みっちり修業をして腕を磨く。それには、浪花を離れなければならない。だから、暫しの別れだ。ということでした。

浪花からどこに行くのかまでは歌にありませんが、まあ、田舎から都会に出るのなら、「木綿のハンカチーフ」のようなことになりかねませんが、この2人は大阪ですから、その心配もないでしょう。それにもし、男がほかの女性に目移りしようものなら、親方が黙っていません。板前として生きていかれなくなります。って、歌のことですけどね。

| | コメント (0)

«あんなことこんなことの15年後